乳腺炎で炎症を起こしている時は葛根湯が効くと言われ服用しています。

乳腺炎で炎症を起こしている時は葛根湯が効くと言われ服用しています。

まず、なんといっても、葛根湯は漢方(生)薬なので、授乳中でも、赤ちゃんに影響なく安心して服用できるということです。

産婦人科でも処方してもらえる薬になります。

次に、乳腺炎は乳汁のうっ滞が原因で炎症を起こすケースが多いです。葛根湯には、乳汁分泌を促す作用があり、乳汁のうっ滞の改善がみられると言われています。

だいたい、乳腺炎になって産婦人科に行くと葛根湯を処方されることがほとんどかと思います。

現に、軽い症状だと、しばらく飲んでいると母乳の詰まりが改善されることがあり、落ち着いてきます。

また、乳腺炎になり、炎症を起こしてひどくなってくるとかなりの高熱が出ます。

風邪のひきはじめにも葛根湯は飲まれているので、熱が上がり始めた際にも効果的です。

「あ、これおかしいな…。ちょっとやばいかも…。」と思ったら早めに飲むことをおすすめします。

ただ、葛根湯はあくまで補助的に使うものなので、症状によっては助産員や母乳外来でおっぱいマッサージを受けながら服用する方がいいと思います。

もう、二度と乳腺炎になりたくないので、常に葛根湯を自宅に常備しています。

薬局でも購入できるお薬なので、気になる方は薬局で購入して、すぐ飲めるようにしておいてもいいかと思います。

あわせて読むとおすすめ⇒あんしん通販マート

admin

コメントは受け付けていません。