2月 2019アーカイブ

廊下が少し狭い。立会いで見落としがあった。コンセントがいる家具の配置

我が家には、3歳の女の子と11か月の女の子二人いるんですが、下の子がすごく甘えたで、伝い歩きできるのに家事の間おんぶじゃないと泣いてしまって家事が出来ないんですが、念願のマイホームでそのことまで気が回らず、いざ引越して入居してみるとおんぶで動くには少し廊下が狭くよく下の子が壁に頭をぶつけてしまいます。

新居に入居するまえに床の傷や壁などの破損しているところをチェックして入居までに修繕してもらうのですが、その立会いのときに日も落ちてきたこともありクロスの傷や階段の角のめくれ壁の下の角の部品が取れかかっていたのに気がつきませんでした。

あと二階ベランダの屋根の部分にあった蜂の巣の除去しきれなかった根の部分の取り残しもありそのベランダに蝉と虫の死骸がありそれもきちんと掃除してもらえばよかったです。

因みに、私たちが初めて見学したのが10月末で入居が11月中頃だったので業者の方も虫の死骸等は気がついているはずなんですよね。汗

あと私達の敷地内の砂利部分に犬のフンが置きっ放しなってるのもショックでした。

立会いの時外で話していたので気がついているはずなんですけどね。

最後はテレビやウォーターサーバーなどのコンセントがいる家具家電の配置場所のイメージです。

我が家は今回の引越しを機に洗濯機 冷蔵庫 掃除機 家具などほとんどの物を買いかえたのですが、置きたい場所はイメージしていたもののコンセントの場所をしっかり把握していなかったので購入して配置後に延長コードから引っ張ったり、同じ所のコンセントから引くはめになり沢山タコ足にしたりと少し不恰好になってしまったため、子供も小さいし今度コンセントカバーを全部につけようと思ってます。

一生で一度の大きな買い物なのでもっとはっきりと遠慮せずに不動産にビシッと言うできでした。

参考にしたサイト⇒神奈川区の注文住宅

世界を旅しながら人との出会いと別れ、海外のスパ情報を配信します。

32歳の世界を旅するエステティシャン。

20代で大手のエステサロンで働き美容の知識やおもてなしの精神を学びました。

このままでいいのかな~と漠然と思い、キャリアや当時の彼氏などすべて手放し、日本を飛び出しました。

英語もままならないけど、『言葉はいらない!愛があれば大丈夫!』と一生懸命、身振り手振りでなんとかコミュニケーションをとりつつ、たくさんの方たちと出会い、マッサージをしたりされたりしながら、カバン一つで世界中を旅してます。

ローカル情報のグルメから高級スパ情報などホスピタリティやアメニティなどをご紹介します。伝統的な美容法など実際に体感してみて、ありのままをお伝えします。

世界中に友達を作りたいな。日本の良さも世界に伝えたらと思います。